いぼやほくろの切除をする

女性

しみやそばかすを目立たなくします

容姿のコンプレックスは、誰でも持っているので、メイクを工夫したり、スキンケアをしている人がほとんどです。鼻や目元、歯並びなどの悩みを持っていると、メイクだけでは限界を感じている人がほとんどです。水の森美容外科は、プライバシー保護を重視しているので、完全個室で診察やカウンセリングを行っています。初診料や再診料が必要なく、無料で何度もカウンセリングが受けられるのが魅力です。美容整形は決して悪いことではなく、モデルやタレントなどの著名人も施術を受けています。容姿が美しくなることで、積極的になれます。水の森美容外科では、メスを使わない美容整形も行っているので、まずは相談をしてみると良いでしょう。加齢や紫外線などの影響で、しみやそばかすが増えてきたので悩んでいる人が少なくありません。しみやそばかすが気になっている場合は、レーザー治療がお勧めです。しみやそばかすなどの、色素沈着が気になる部分にレーザーを照射することで、数日を経過するとかさぶたになって剥がれ落ちます。レーザー治療を受けた後は、しみやそばかすが目立たなくなります。水の森美容外科では、痛みをほとんど感じず、安全性の高い治療を心掛けています。

大きな黒子やいぼなどは、顔や首、胸などの目立つ部分にあると、年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。夏場はお肌を露出したファッションを楽しみたい人がほとんどです。水の森美容外科では、目立つ黒子やいぼなどがある場合は、液体窒素による除去や電気メスで切除する方法を提案してくれます。液体窒素によるいぼの除去の場合は、保険適用が受けられる場合があります。水の森美容外科では、お肌に関する不安や悩みを相談しやすいです。大きなほくろやいぼなどは、電気メスを使って切除をすることがあります。電気メスは比較的出血が少なく、傷の治りが良いなどの利点があります。ほくろの場合は切除をした後に、丁寧に縫合をすることが多いです。小さめのほくろの場合は、メスで切除をする必要がない場合もあります。直径が2、3ミリ程度のほくろの場合は、レーザー治療を行うことで、目立たなくすることが出来ます。鼻の下などの目立つ部分にほくろがあるので、悩んでいる人は医師に相談をしてみると良いでしょう。